肩こり、頭痛、腰痛、骨盤矯正、足つぼリフレクソロジーは東京都板橋区大山駅前のくるみ整体療術院。話題のレイキヒーリングも。

スタッフブログ

板橋区にある『くるみ整体療術院』のスタッフが綴るブログです

痛みについてやどのような施術を受けられるのか、またどういった症状に対して効果が期待できるのか等、様々な症例のお話から日常の面白ネタまで、幅広く更新いたしますので、ぜひご覧ください。

年配女性はなぜ膝が痛いのか

膝が痛いという年配女性多くないですか?

くだけた言い方に言い換えると「おばあちゃん達だいたい膝痛いよね?」となります。

 

怪我をした訳でなければ原因は大体「筋肉の衰え」、「軟骨の衰え」のどちらかか両方。

それが加齢により起こります。更年期障害の時期は関節の潤滑が乏しくなり痛みを感じやすくなるという合わせ技もありなかなかに大変です。

 

私の見るところ、今時だと具体的には40代に入るか入らないかという辺りから時々膝が痛いという人がポツポツ。私自身も40代の頃に自転車に乗っていて痛い時期があったのを覚えています。そして男性よりは女性の方が元々の筋力が弱いために痛い人が多くなるのではないかとも思います。(もちろん膝の痛い男性もたくさんいらしゃいますし、筋力が十分あっても別な理由で膝が痛くなる方は多いです)

 

40代で膝が痛くなり出した人が適切な治療や予防の体操等に接しないまま50代、60代、70代までじわじわと筋力その他が弱って来て、いよいよ辛くなって病院に行ったら手術を勧められて、手術を念頭に置きながら治療に通うというパターン。ちょっと前までこのパターンが多かったですね。

 

ところが最近は膝の痛い年配女性が減りました。当店に膝の痛みでやって来る方が減ったということではなくて、この10年ぐらいで日常会ったり話を聞いたりする膝の痛い年配女性が減りました。ご近所のおばさんや友人の70代のお母さん等のことです。現在の70代は10年前の70代に比べると膝が痛い人が多くありません。なぜなのか考えてみました。おそらくですが、40代、50代の頃にある程度ひざが痛いことへの対処ができていたのではないかと思うのです。それは、病院や治療院、整体院等でのケアだったり、予防の体操だったり、サポーターだったり薬だったりサプリだったり、ともかく痛みに何らかの対処をしてきたからなのではないかと。

 

それでもまだまだ各人の膝の痛みにベストな治療法が周知、実践されているとは思えませんが、時代を経るごとに少しずつ状況は整ってきていると思われます。きっと今から10年後にはもっと膝の痛い年配女性は減るのだと思います。喜ばしいことです。

 

40代、50代のみなさま、そのためにも膝が痛くなったら早めに対処してください。くるみ整体での膝のケアは腰や股関節、腿の筋肉等と合わせて行います。下半身全体の痛みや重さが軽減し、膝の痛みも再発しづらくする施術方法です。

 

脅かすわけではありませんが、お早目の対処をお薦めします!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
くるみ整体療術院
http://www.kurumiseitai.com/
住所:東京都板橋区大山町11-9 小田ビル2
TEL:03-3972-6505

クーポンも!ホットペッパービューティーのネット予約は
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000197038(PC版)
http://beauty.hotpepper.jp/smartphone/kr/slnH000197038/(スマホ版)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年10月10日

Page up

腕のコースとふくらはぎのコース

腕を揉む整体院にして脚を揉む整体院、くるみ整体です。

 

マッサージ、リラクゼーション、整体院、治療院では一般にあまり腕や脚を施術しないようです。

 

「やればいいのに」と思います。

腰痛、肩こり、背中の痛みを訴える方の場合でも、腕や脚を揉んだり押したりストレッチしたりすることで仕事が大幅に進むのです。

 

「腕って凝ってるんですね」

「ふくらはぎを揉んでもらったら腰が楽になった気がします」

「太ももなんで押されたことなかったんですが押されてみたら腰と足先両方に響いてびっくりしました」

・・・・・・等という声を聞くことが多いのです。

 

そこで気を良くして腕のコースとふくらはぎと脚のコースを作り、時々キャンペーンコースとして期間限定で登場させております。

 

現在あるのは、

 

☆お店のキャンペーンとして

「ふくらはぎのハリ・むくみ重点コース(45分)4300円(税込)」*初診料不要です

ふくらはぎのオイルトリートメントを中心に、腰、太もも、足の裏と甲に加えて、バランスを取るために首と頭を少しだけ施術します。ふくらはぎの冷えやむくみ、足の重さを感じる方にとってはやって欲しい箇所を余すところなく施術するコースになっています。ぜひお試しください!

84IxzPZu

iqdxFRS1

 

ホットペッパービューティーのクーポンコースとしては

☆「全身整体(50分)+ 腕と手の集中ほぐし(20分)の計70分で6,800円(税込)」*新規の方も、リピーターさんもどちらでも

    • 先月の「腕をしっかりほぐすコース」が大変好評だったので、皆様の腕のこりにあらためて対処していきたいと思いクーポンのコースと致しました。
    • 腕のコリ、手のコリ、自覚のある方もない方も、肩コリ首コリ上がりにくい等すっきり解消して軽い状態になります。
    • 肘から手にかけてはお好みでオイルトリートメントも承ります♪オイルあり、オイルなし、どちらでもOKです。

腕

dbSSRQ9P

 

腕がだるい方、肘が痛い方、手首が痛い方、ぜひお試しください。

 

どちらも5月末までです。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
くるみ整体療術院
http://www.kurumiseitai.com/
住所:東京都板橋区大山町11-9 小田ビル2
TEL:03-3972-6505

クーポンも!ホットペッパービューティーのネット予約は
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000197038(PC版)
http://beauty.hotpepper.jp/smartphone/kr/slnH000197038/(スマホ版)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年05月09日

Page up

ふくらはぎのハリ・むくみ重点で

ふくらはぎのハリ・むくみ重点コース というコースが2月のキャンペーンコースです。

実は年に2回ぐらい登場する人気の期間限定コースです。

リピーターさん多数です。

 

寒い時期の腰痛の方の少なく見積もって半分はふくらはぎをじっくり揉みほぐすと身体が軽くなります。

軽くなる、というと漠然として分かりにくいかもしれません。

腰から背中が、主に硬さが取れて背骨が動きやすくなり呼吸が楽になり余計な力が抜けて重たかった感覚が消えるということですね。

 

ふくらはぎ、あんまり触ってみないかもしれませんが、案外硬くなってる方も少なくないのではないでしょうか?

ぜひこの機会に触ってみて硬いか柔らかいかチェックして下さい。

自分でほぐせばほほぐれる場所ですが、ちょっと面倒くさい…と思ったらくるみ整体へほぐされにいらして下さい。

ふくらはぎでけではなく、腰や足の裏も施術します。ぜひいらして下さい!

 

足リンパ wK433LHu

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
くるみ整体療術院
http://www.kurumiseitai.com/
住所:東京都板橋区大山町11-9 小田ビル2
TEL:03-3972-6505

クーポンも!ホットペッパービューティーのネット予約は
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000197038(PC版)
http://beauty.hotpepper.jp/smartphone/kr/slnH000197038/(スマホ版)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年02月10日

Page up

ハムストリングス筋群と大腿四頭筋の張りからの腰痛

腰痛かったのは私です。

いえ、そんなに痛かったわけじゃなくてツボを押したりストレッチしたりで事なきを得たぐらいのちょっとした腰痛でしたが久しぶりだったもので。

理由は大体察しがついています…自転車です。

 

普段は自転車通勤なのですが、1月に15年ぶりに風邪を引いたので大事を取って1週間以上電車で通勤しておりました。そしてそろそろ自転車で風を切って通勤できると思った矢先の雪。これでまた1週間ほど電車通勤が伸びたのです。当然その間自転車に乗らずに過ごしたのでどうやらその期間で筋肉が落ちたり感覚が鈍ったりしたようです。

 

運動不足は身体でも感じておりたくさん動きたかった私は張り切って坂道も元気いっぱい自転車を漕いで通勤していました。快調でした。

が、最初に気付いたのは足の裏の硬さです。それから足首のクッションが悪いのに気づきました。で、試しに股関節を伸ばしてみると硬い。あーこれはハムかなー自転車のせいだなー、と思って腿の筋肉、腰の筋肉のストレッチをしたらばきくきく響く響く。ちゃんとケアして快適にしよう、と思いつつ忙しさにかまけて後回しにしていたら、金曜に仕事の後に美術館へ行ったら何だかヨタヨタしてしまいました。いけませんねー。反省して帰宅後しっかりストレッチしたり足の裏をほぐしたりしました。

 

t02000150_0200015011364530613K3410056

 

 

少々私生活を公開すると、金曜日に行った美術展は東京国立近代美術館の熊谷守一展。大変感銘を受けました。3月21日までやってるそうなので機会がありましたら行かれるようお勧め致します。そして何に忙しいかというと動画を見るのに忙しかったのです。金曜日も一緒に美術館へ行った友人がアートに造詣が深い私より若い人なので、会えば若い世代で何が流行っているのか尋ねるようにしています。以前会った際に進めてもらった映画やドラマ、アニメ等を見るのに忙しくしておりました。呑気なものです。1月頭まで介護でちょっとペース上げて実家へ行っていましたが落ち着いたらこんな感じで良い御身分です。背景には更年期が一段落したのか父親が一時的にせよ施設に入って安心したのか、急に集中力がアップしたことがあります。中年の生活はままなりません。今のうちにせいぜい楽しく過ごします

 

ところで今月のキャンペーンコースは「ふくらはぎのハリ・むくみ重点コース(45分)4200円(税込、初診料不要)」です。

84IxzPZu

 

今回の私のような状態の足腰には最適です。頑張って自分で解消しないで山崎先生に「手順の確認」とか言ってやってもらえば良かったですね

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
くるみ整体療術院
http://www.kurumiseitai.com/
住所:東京都板橋区大山町11-9 小田ビル2
TEL:03-3972-6505

クーポンも!ホットペッパービューティーのネット予約は
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000197038(PC版)
http://beauty.hotpepper.jp/smartphone/kr/slnH000197038/(スマホ版)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年02月05日

Page up

足首が痛いと股関節に負担が

腰痛でくるみ整体にいらっしゃる方を見せて頂くと…

足首のゆがみが目立つ方が割とたくさんいらっしゃいます。

男性の方も、女性の方も。

 

足首にゆがみがあると膝下の筋肉の付き方もバランスが崩れます。たくさん歩くと疲れやすいです。

その上の太ももも張りが強いです。その影響で腰の張りも強いです。太ももをゆるめると腰も一緒にゆるみます。

太ももの張り方も実は均等ではありません。偏っています。その偏りは股関節の動きを制限します。

股関節が硬いなあ、という方はこの現象が起こっている可能性がまあまああります。

 

股関節の張りを緩めるのと、足首のゆがみを解消するの、両方一緒に進めるのがコツと言えばコツです。

股関節の張りを緩めるには太ももの張りを緩めますし、ふくらはぎのこりも取ります。

 

ブーツで足首の動きが普段と変わって足首にゆがみが生じてそこからふくらはぎ、股関節、腰まで調子悪くなったという方もいるかと思います。

お気軽にご相談ください。お得なクーポンも当たり前のようにお使いください。ホットペッパービューティー、チェックしてくださいね。

お待ちしております♪

 

wK433LHu オイルを付けて足リンパの施術。10分1080円で整体、またはリフレクソロジーに追加。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
くるみ整体療術院
http://www.kurumiseitai.com/
住所:東京都板橋区大山町11-9 小田ビル2
TEL:03-3972-6505

クーポンも!ホットペッパービューティーのネット予約は
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000197038(PC版)
http://beauty.hotpepper.jp/smartphone/kr/slnH000197038/(スマホ版)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年01月29日

Page up

くるみ整体療術院

メールでのお問い合わせ

東京都板橋区大山町11-9小田ビル2F

>>アクセスマップ

TEL 03-3972-6505

【営業時間】
月~木 / 10:00~21:00
金・土  / 10:00~18:30
【定休日】
日曜・祝日

板橋区、東武東上線沿線の「池袋」「北池袋」「下板橋」「大山」「中板橋」「ときわ台」「上板橋」「東武練馬」「下赤塚」「成増」、都営三田線「板橋区役所前」、東京メトロ有楽町線「小竹向原」にお住まいの方、ご勤務されている方はぜひお越しください。

初めての方へ | コース紹介 | 施術の流れ | 診療案内 | Q&A | アクセスマップ | お知らせ | お問い合わせ