肩こり、頭痛、腰痛、骨盤矯正、足つぼリフレクソロジーは東京都板橋区大山駅前のくるみ整体療術院。話題のレイキヒーリングも。

スタッフブログ

板橋区にある『くるみ整体療術院』のスタッフが綴るブログです

痛みについてやどのような施術を受けられるのか、またどういった症状に対して効果が期待できるのか等、様々な症例のお話から日常の面白ネタまで、幅広く更新いたしますので、ぜひご覧ください。

歩きすぎて土踏まずが痛かった話

歩きすぎて足が痛い。

夜中に目が覚めるほど土踏まずが痛い。

それは一昨日の私

 

D_e8pmwUYAASdQe

 

昨日今日と臨時休業、ご不便お掛けしましたm(–)m

思うところあり、家族で旅行へ行っておりました。

そして坂道、山道等々、歩き回っておりました。

 

出掛ける前の週は別件で珍しくヒールで出掛けたりたりして元々足の関節が調子良くなかったところへ負担掛けたら夜中に痛くて、さぁ大変!

旅先へはちょっと服には合わないかも…等と思いつつも一番歩きやすいスニーカーで。それでも夜中に足が痛くなったんですからうっかりカッコいい革靴なんて履いて行かなくて本当によかったです。

 

足の痛みで夜中に目が覚め、痛みが治まるポイントを探しておりましたが、前の週の痛みを我慢してやり過ごしていたために、最初からあったr歪みの痛みではなくてそれに起因する二次的、三次的な痛みが土踏まずに表れたので解決にちょっと時間がかかり大変でした(TT)

不養生はいけませんね、反省しました。

 

でも今日はもう大丈夫。(一昨日の晩さんざん難儀した甲斐あって昨晩も問題なかったのですが)

板橋区内の自宅に戻ったので湿布もイエーロもあります。

(イエーロはくるみ整体でも販売しております。スースーひんやりするジェルです。薬用成分がないので薬の飲み合わせの心配がないので楽です。宣伝です。)

IMG_20150614_190152

 

足の裏が痛い時は旅先でのマッサージやリフレソロジーという手もあります。

私も今回ホテルのお向かいのリフレの店に行こうか悩みました。(施術担当者が私より下手だと時間とお金が無駄になるのでるので旅行先で嫌な思いをするリスクがあるので止めました)

上手いお店に当たればラッキーです。今時なのでネットの情報をチェックしてから利用することをお勧めします。

 

さて、歩きすぎて土踏まずが痛い時は、足の裏のみならず、ふくらはぎと太ももと腰にもアプローチした方が効率よ楽になる、と夜中に難儀した私からお伝えしたいです。

もうすぐお子さん達は夏休み。

皆さまも旅先ではお気を付けて!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
くるみ整体療術院
http://www.kurumiseitai.com/
住所:東京都板橋区大山町11-9 小田ビル2
TEL:03-3972-6505

クーポンも!ホットペッパービューティーのネット予約は
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000197038(PC版)
http://beauty.hotpepper.jp/smartphone/kr/slnH000197038/(スマホ版)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年07月18日

Page up

靴が変わったら足つぼリフレ

梅雨真っ最中。

皆さま、スマホや携帯電話が雨で濡れたりしていませんか?大丈夫ですか?

お陰様で雨でタッチパネルが利かなくなった私のスマホは池袋の修理屋さんで直してもらって現在は絶好調です!ありがとう、修理屋さん!(いつまで持つか…とは言われました)

 

さて、最近足の土踏まずがつりそうになりました私。理由はレインシューズで歩いたから。

 

そんなに長距離歩いたわけではありません。お店から買い物と銀行ぐらいです。少々ゆるいので靴下が薄かったせいでレインシューズの中で足が泳いで変なところに力が入ったんですね。

 

つりそうな土踏まずは、店に戻ってから自分で揉んで解消しました。応急処置です。自覚はないですが、きっとふくらはぎや太ももや腰やお尻にも負担が来ていて余計なハリが出ています。いずれ大したことないはずなので、その辺は追い追いストレッチしたり等で解決するんですけど。

 

足の裏に不調を感じたタイミングで解消しておけば足つぼリフレでほぼ解消します。

ついでに不摂生で調子悪い感じや精神的な緊張による疲労感も軽減します。

 

靴が変わるのは男性よりも特に女性というイメージですが、

靴下が夏物になって同じ靴でも履き心地が変わり足に変な力が入って調子悪い、という方は男女ともいらっしゃるのではないでしょうか?

 

女性も男性も、しばし靴と靴下を脱ぎ

 

フットバスで足を解放し5分弱…

 

片足ずつクリームを付けて足の裏の筋肉と、足と足首の骨格を、そしてふくらはぎの筋肉のハリやむくみをオイルで揉み解すと足が軽くなって身体が楽になりますよ~♪

gJHYnglV y_0HVzxa

 

「足つぼリフレ(中国式足反射区療法)」は、足浴とふくらはぎオイル付きで 30分3240円、60分5940円です。

 

ベッドでうつ伏せになって、ふくらはぎオイルのみの「足リンパ」というコースもあります。10分1080円で、10~30分、整体やリフレ、ヘッドスパにプラスして受けて頂いております。

84IxzPZu cHcY8mi8

 

梅雨時、足元軽快に参りましょう!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
くるみ整体療術院
http://www.kurumiseitai.com/
住所:東京都板橋区大山町11-9 小田ビル2
TEL:03-3972-6505

クーポンも!ホットペッパービューティーのネット予約は
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000197038(PC版)
http://beauty.hotpepper.jp/smartphone/kr/slnH000197038/(スマホ版)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年06月17日

Page up

旅行の疲れの半分は胃腸の疲れ

GWでお休み中の皆様、楽しくお過ごしでしょうか?

旅行に行かれた方も多いと思います。

 

計画を立て、歩き回り、見て回り、美味しいものを食べ、荷物を運び、乗り物に乗る。同行者や同行の動物のお世話をする方もいらっしゃったでしょう。楽しい旅行も身体は疲れるもの。お仕事再開までにしっかり回復して元気に職場に戻るのが理想ですよね。

 

足・腰・首・肩・腕・背中の疲れと痛みはお任せください。6日まで休んでいて本当に申しわけありませんが、7日からは通常営業でばっちり仕事させて頂きます。

そして旅行の疲れの半分は胃腸の疲れ。大抵の場合はこう言ってしまっても差し支えないのではないでしょうか。

 

旅先って食べ過ぎますよね…飲み過ぎますよね…夜中まで飲み食いしたり起きて喋ってたりしますよね。

「翌朝温泉に入れば大抵の不調は解決します!」等と言ってるのは旅先で酔っぱらっていた私です。そんな訳はありません。ほどほどにしましょう。

「適量を守る。これができれば大丈夫」…普段はできても旅先ではできない。そういうものです。

帰って来てから「胃腸が疲れてるな~」と思ったらくるみ整体にご相談ください。

足腰や腕の疲れもろとも解消しましょう!

 

胃腸の疲れに一番のお薦めはリフレクソロジー。足つぼです。

土踏まずのあたりが胃のツボ、足の真ん中辺りからカカトに向かって大腸があります。足の外側が硬くなることが多いです。足首の歪みを伴うことも多いですし、足首の歪みは大体股関節の歪みを伴います。

 

gJHYnglV y_0HVzxa

 

と、少し脅かしましたけど日の浅い歪みはすぐ解消しますし、ついでに元々のハリやしこりも刺激が入って健康増進に役立つはずです。お仕事帰りに30分コースでも十分身体で感じる変化があると思うので気になったら胃腸の不調を嘆く前にいらして下さいね。

 

あと二日、お休み満喫してください~。

(お仕事の方はもう一息です!)

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
くるみ整体療術院
http://www.kurumiseitai.com/
住所:東京都板橋区大山町11-9 小田ビル2
TEL:03-3972-6505

クーポンも!ホットペッパービューティーのネット予約は
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000197038(PC版)
http://beauty.hotpepper.jp/smartphone/kr/slnH000197038/(スマホ版)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年05月05日

Page up

健康維持、健康増進に整体、リフレクソロジー

平成もあと数か月。みなさん、お元気ですかぁ~?

 

あんまりお元気じゃない方々が多いみたいなのでこのブログを書いています。

 

寒さ、乾燥、インフルエンザや胃腸炎、風邪等の流行、忙しさや突発的な用事など等。

元気いっぱいとは言い難い方がこの時期は多いように感じます。

 

整体で健康維持

足つぼリフレクソロジーで健康増進

 

月並みですが、良い方法なんです。

 

働き過ぎで健康を害してしまった方や精神を病んでしまった方を整体などの施術だけで治すことはできません。(整体等の施術業は病気を治すことを法律で禁じられています。治ったような気がすることはままあるようですが、治しているわけではありません。)

でも、睡眠時間が極端に短かったり、精神的な緊張がゆるむ時間がほとんどなかったり、暑さや寒さにさらされ過ぎたり等、非常に無理のある生活の仕方で日々過ごしていらっしゃる方は、定期的に整体足つぼ等を受けると身体のダメージが半減するのでお勧めです。筋肉をほぐしたり、むくみを解消するといったような身体的な問題の解決のみならず、「リラックスできる時間を確保する」という効果もありますから忙しい方ほどお薦めしたいです。実際忙しくて大切な役割を任されている方の多くが整体等の施術を受ける時間を積極的に設けているようです。是非多くの方々にマネして頂きたいものです。

 

気力体力に足を引っ張られて物事が思うように進まない、そういう訳ではないけれど思い通りにならないことが多くて振り回されがちの日々がイヤになってきたとき等は気分一新にくるみ整体をご予約下さい。健康のみならず生活のペースの維持としてもお役立て下さいね。

 

KCwQa_aw 44213908_509394792874394_8873754835602636800_n

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
くるみ整体療術院
http://www.kurumiseitai.com/
住所:東京都板橋区大山町11-9 小田ビル2
TEL:03-3972-6505

クーポンも!ホットペッパービューティーのネット予約は
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000197038(PC版)
http://beauty.hotpepper.jp/smartphone/kr/slnH000197038/(スマホ版)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年01月27日

Page up

12月こそ足つぼリフレを

12月に入って足つぼリフレを受けるお客様が増えています(^^)

 

急に寒くなって足が重くなっているのでしょうか、足の指が開きにくい、足の裏全体が弾力を欠いて硬くなっている方が多いです。整体の施術の中で足の裏を触った時にも分かるような硬さです。

 

普段、整体だけで足つぼを受けたことがない方も、12月と1月は「オーダーメイド90分8900円」と「オーダーメイド120分11000円」という、今年の夏までは「何でも90分」「何でも120分」という名前で提供していたキャンペーンを実施中です。このキャンペーンコースを利用して、普段 整体だけ受けている方もプラスアルファで 足つぼリフレも受けて頂きたいと思っております。

 

12月、1月は外食やお酒を飲み機会も多くなると思います。胃腸の疲れや寝不足による身体の疲労の回復もうながしてくれます。女性は特にブーツを履くので足元をスッキリさせておきたいというのもあると思います。そういう意味でも受けてみると良いと思います。

 

「足は別に痛くないから」と思ってらっしゃる方も、受けてみると足のみならず身体全体が軽くなり楽になるのを感じて頂けると思います!

この機会にぜひどうぞ

 

44213908_509394792874394_8873754835602636800_n gJHYnglV xcUwSRTi

アロマ精油入りフットバスから始まり、足裏のツボ押し、ふくらはぎのオイルでの揉み解し、ホットタオルでのふき取り、タッピングと、30分コースでも一通り入ったコースとなっております。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
くるみ整体療術院
http://www.kurumiseitai.com/
住所:東京都板橋区大山町11-9 小田ビル2
TEL:03-3972-6505

クーポンも!ホットペッパービューティーのネット予約は
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000197038(PC版)
http://beauty.hotpepper.jp/smartphone/kr/slnH000197038/(スマホ版)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年12月16日

Page up

くるみ整体療術院

メールでのお問い合わせ

東京都板橋区大山町11-9小田ビル2F

>>アクセスマップ

TEL 03-3972-6505

【営業時間】
月~木 / 10:00~21:00
金・土  / 10:00~18:30
【定休日】
日曜・祝日

板橋区、東武東上線沿線の「池袋」「北池袋」「下板橋」「大山」「中板橋」「ときわ台」「上板橋」「東武練馬」「下赤塚」「成増」、都営三田線「板橋区役所前」、東京メトロ有楽町線「小竹向原」にお住まいの方、ご勤務されている方はぜひお越しください。

初めての方へ | コース紹介 | 施術の流れ | 診療案内 | Q&A | アクセスマップ | お知らせ | お問い合わせ