くるみ整体のブログ「テレワークの方に足つぼリフレを受けて欲しい」

お問い合わせはこちら

[営業時間] 月~木 10:00~21:00 / 金・土 10:00~18:30 [定休日] 日,祝

ブログ

テレワークの方に足つぼリフレを受けて欲しい

2020/12/20

通勤しない分の運動不足から足の不調を感じる方が多いです

テレワークの方に足つぼリフレを受けて欲しい

寒くなりました。足の冷えやむくみ、痛み、動きの悪さを感じていませんか?

足浴後、足の裏、足の甲、ふくらはぎ を揉みほぐしてリフレッシュ

いよいよ年末。その前にクリスマス。

忘年会はなくても年末はそれなりに忙しいものです。(オンライン忘年会の予定が入っている方もいらっしゃるかもですね) くるみ整体も29日まで営業なのであと一週間少々がんばります!

 

さて、心配な新型コロナの感染拡大。再びテレワークの方も増えているようです。ただでさえ各種イベントがなくなり、外出先が限定されている昨今、お仕事がテレワークという方は気を付けていても忙しくなるほどに運動不足に陥りやすいので要注意です。

 

運動不足の自覚症状は肩こり等いろいろありますが、くるみ整体のお客様で最近目立つのが 足が冷える、足がだるい、と言う方々。こういう方には 足つぼリフレをまずは30分 受けられることをお薦めしています。アロマオイルを1滴垂らした42度のお湯で足浴した後、足とふくらはぎを揉みほぐすコースです。

 

押したり揉んだりするのは足とふくらはぎですが、全身の血行が良くなるのと、神経を通じて脳に入った刺激で全身、特に内臓に作用して体調が整ってくるのです。足の裏の対応箇所を刺激することで腎臓や胃や脳の状態が改善されるなんて俄かに信じがたい方も多いと思いますが、脳から出て足の裏まできている神経が枝分かれした箇所で隣接している臓器に刺激が行くのだと思われます。考えたことない方の方が多いと思いますが、全身の神経は病気や怪我で分断箇所がない限りは全て脳からスタートしているので一繋がりです。余談になりますが、生まれる前の初期の胎児の頃、神経系は外胚葉という分類になります。筋肉や骨格、血管等は中胚葉となるので、整体の仕事をする時の私たちは主に中胚葉だった部分を扱うのに対して(皮膚と神経は外胚葉とはいえ)、足つぼリフレにおいては主に外胚葉部分を扱うことになります。

 

さて、話を戻します。

足の裏は、運動、特に適切な歩行が足りている時は満遍なく筋肉が使われ、骨格も動かされ、隅々まで血が回り神経も働きます。ところが、歩行が不十分だったり、歩き方に偏りがあったり、同じ姿勢(この場合は座っている姿勢)が長すぎたりすると、足裏への刺激が足らず、使わなさ過ぎた筋肉の弾力が低下したり、神経の刺激が不足したり、血の巡りが偏ったりします。足つぼリフレは他人の手を使って足全体を満遍なく網羅的に刺激して足りない刺激を補う療法です。

 

痛いところ、感覚の遠いところは「悪いところ」という言い方をしますが、これは足のその部分が悪いというだけでなく、対応する身体の部分(内臓等)が「悪い」ということを指します。「悪い」という言葉が便利なので我々もたまに使ってしまいますが、「悪い=病気」という誤解を招きやすいので紛らわしさを避けるためになるべく「疲れている」「使いすぎ」「何らかの問題」等という実際の状態に近い言葉を使うようにしています。外国人の施術者の方々が「悪い」というのは日本語力の問題が大きいと思うので、日本語を母語として使っている我々はなるべく正確な表現を心掛けています。

 

いつにも増してくどいブログになりましたが(すみません🙇‍♀️)、要するに「最近歩いてない人の足の不調に足つぼリフレ」というのを伝えたいのでした。足つぼというと大変に痛い印象があると思いますが、イタ気持ちいいという程度に加減して施術しますので初めての方も安心してご利用ください。足つぼ初めての方、お待ちしております!☺️