お問い合わせはこちら

[営業時間] 月~木 10:00~21:00 / 金・土 10:00~18:30 [定休日] 日,祝

ブログ

10年後の身体のために

2018/09/13

予防医学という言葉があります。

病気を治す医療ではなくて、健康な人が将来病気にならないためのまさに予防のための医学のことです。

 

先日プライベートで生活習慣病を専門とする先生のお話を伺う機会がありました。お話の中で「血圧やコレステロールの値、オーバーしてても健康だから大丈夫、という人がいるけれど、10年後ののことも考えて(体にダメージを蓄積して行かないように)コントロールして行こうというのが予防医学です」と仰っておられました。

 

そうそう、私も更年期障害の一環で血圧が上がり昨年からお薬を飲んでコントロールしています。最初は「薬に頼らないで何とかしたい」等と思っていましたが、そうそう思うようには行きません。で、血圧の心配をしながら生活を制限して自由に行動できなくなったり、それでも血圧が高くなって少しずつ内臓などにダメージを与えるのだったら朝に一つ薬を飲んで病院でお医者さんに診てもらいながら暮らした方が断然いいと思いそうしています。もちろん、病気やお薬によってはそう気軽にいかないものもあると思いますが、お医者さんの指示に従ってお薬等を用いて検査の数値を標準内にコントロールして置くことは大事なことだと考えています。若い方は特に。

 

翻って整体のお話。

 

くるみ整体をオープンした2001年頃は、70代で膝や股関節の人工関節の手術を受けた方にお話を伺うと、「40代から時々痛くなって、少しは治療したものの諦めてしまい、段々悪化して60代では旅行や外出をどうしようかと思う程になり、70代で手術に踏み切った」と仰る方が多かったのです。

 

最近は、当時より皆さんわか若しいし、くるみ整体のような整体院でも、接骨院や病院でも治療法が充実してきましたし、予防のための正しい運動法も大分普及してきたので状況は変わってきたようです。これもまた、予防医学の一種ではないかと思うのです。

 

これは一例で、年齢と共に関節の機能が悪化することのみならず、筋力が衰える、筋肉の量が減る、疲労が蓄積して体調の維持が難しくなること等も含めて、常日頃から良い状態に保つことも予防医学の一つなのではないかと。日々の健康維持にくるみ整体を役立てて頂くことで、将来の、10年後の健康の役に立てたら嬉しいなあ、等と思う今日この頃。あまり我慢せずつらい時は施術を受けに来て頂きたいと思う次第です(^^)

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
くるみ整体療術院
http://www.kurumiseitai.com/
住所:東京都板橋区大山町11-9 小田ビル2
TEL:03-3972-6505

クーポンも!ホットペッパービューティーのネット予約は
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000197038(PC版)
http://beauty.hotpepper.jp/smartphone/kr/slnH000197038/(スマホ版)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇